散骨をした後、少しだけの形見を手元に置いてお祈りする。費用もさほどかからない「自分散骨と手元供養」という新しいお墓についてのコラムです。

コラム&エッセイ

手元供養編その6

最後のお別れを、思い出の海で

ジャンル:コラム>散骨/最終更新日:2018.09.15


最後のお別れを、思い出の海で 想い出の冬の海岸
「今日は釣れなかったけど、ふたりでまた来ようね」
お部屋のお墓の飾りつけをしながらふと、
そんな約束を思い出しました。

あの日、釣りの途中から大雪になって・・・
それでも毛布にくるまって、震えながら海を見てた
覚えてる?
魚は一匹も釣れないのに、なぜか楽しかった。

今度、雪が降ったらその海で散骨します。
もう一度、あの日のこと思い出したいから、

そして、この儀式が最後のお別れです。
もう泣かないと思う
私には今、大切なものがあるから
マイメモリー。
facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館