粉骨や散骨に関するご質問の中から、特にご遺骨の自宅での安置及び納骨方法について、幅広くお答えいたします。

よくある質問

自宅供養 Q5

納骨方法が決まらず、どうして良いかわかりません。どんな納骨方法がありますか?

ジャンル:自宅供養>情報室/最終更新日:2018.08.17


納骨方法が決まらず、どうして良いかわかりません。どんな納骨方法がありますか?
今の納骨スタイル(方法)をすべてご紹介いたします。

まずは、従来からあるオーソドックスな納骨スタイルから
[墓石墓]
 石碑を建てたいわゆるお墓と呼ばれるもの。先祖代々の墓など一族全員が納まる大きなお墓から近年では、家族墓・夫婦墓・個人墓などに移り変わっています。

[納骨堂]
 屋内にあってロッカータイプなどが一般的。近年では伝統的な形に加えて、様々な装飾や設備を施した納骨堂も増えています。

[合葬墓]
 永代供養墓・合祀墓・合同墓・共同墓とも言う。原則的にお墓の維持管理が不要です。

次に、近年増えている‟自然回帰“を重視した納骨スタイル (自然葬と呼ばれている葬送方法)

[樹木葬]
 近年人気の高い樹木葬(樹林型墓地)は、全国各地の霊園で工夫を凝らした様々なスタイルが増えています。

[散骨] 海や山などへの自然に還る葬送方法。お墓に入らない自由な葬法に対するニーズは高まっており近年増加しています。

また、上記以外にも[手元供養]などの自宅で供養するスタイルも人気となり支持されています。

現代は供養に対する考え方も多様化が進み、様々な納骨スタイルが生まれています。
納骨方法は、一旦決めてしまうと後で変更する事はできません。
納骨方法が決められない場合には、無理に慌てて決めずにじっくり時間を掛けて検討すれば良いと思います。
その際には、ご自宅を仮の安置場所としてご遺骨を保管なさることをお勧めいたします。
facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館