粉骨や散骨に関するご質問の中から、よくあるご質問をまとめてご紹介いたします。特にご遺骨の自宅での安置について、幅広くお答えいたします。

よくある質問

自宅供養 Q3

一周忌を終えたのですが、まだお墓に納める気になりません。このまま遺骨を自宅に置いていても良いのでしょうか?

ジャンル:自宅供養>情報室/最終更新日:2018.08.28


一周忌を終えたのですが、まだお墓に納める気になりません。このまま遺骨を自宅に置いていても良いのでしょうか?
ご自宅にお骨壷を置いておく事に関しては何も問題ありません。

一般的に忌明け法要(四十九日)後に納骨するとか、一周忌法要の後に納骨すると言われているのは、このようなタイミングをひとつの節目ととらえて言われているに過ぎません。
宗教的には、いついつまでに納骨しなければいけないといった決まり事はありません。
確かに、昔から四十九日(忌明け法要)を過ぎると直ぐに骨壺を「お墓や納骨堂に納骨しないといけない」と言われて来ました。

しかし、これは”遺族に気持ちの整理を早く着けて、現実に向き合って欲しい”といった願いを込めた周囲の心配りの言葉であったように思われます。
もし、ご遺族が心情的に納骨する気になれないのでしたら、 納得いく時期が来るまでご自宅に安置なされて良いと思います。
facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館