遺骨を自宅に安置し供養するというカタチを選択される方について/散骨(自然葬)や手元供養・お墓・供養など納骨について考え特に自宅保管に関する情報室です。

お役立ち情報室

自宅保管編その2

自宅でのご遺骨の保管について

ジャンル:自宅供養>情報室/最終更新日:2018.08.30


自宅でのご遺骨の保管について 葬儀後の後飾り祭壇

一般的に、お墓や納骨堂を既にお持ちの方なら忌明け法要(四十九日法要)までを目途に納骨される場合が多いようです。
ただし、火葬後のご遺骨は「いつまでに納骨しなければいけない」といった決まりごとはありません。一般的に、お墓や納骨堂を既にお持ちの方なら忌明け法要(四十九日法要)までを目途に納骨される場合が多いようです。

また、法律上の規定もありません。

まだ気持ちの整理がつかない方や納骨先が決まらない方など様々な理由によって数年間に渡りご自宅に安置したままというケースも多くあります。

納骨の時期や方法については、風習やしきたりにとらわれずに、ご自身やご家族が納得いく結論が得られるまでじっくり時間を掛けてお考えになることが大切です。

facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館