手元供養品から「手元供養のお墓」へという新しいお墓に変わって来ていますそのお墓制度についての後編コラムです。

コラム&エッセイ

墓じまい編その2

墓じまい「檀家制度とお墓」手元供養の変化(後編)

ジャンル:墓じまい>コラム/最終更新日:2018.09.26


墓じまい「檀家制度とお墓」手元供養の変化(後編)
明治時代後半になると、所属するお寺(檀那寺)の宗派がそれぞれの家の宗派となり、檀家は檀那寺にお墓をつくりお墓は家長が受け継ぐという「家制度」の基礎が出来ました。

家制度の慣習はその後大正時代を経て昭和に入り、太平洋戦争の敗戦でこの慣習やしきたりは終わるかと思われましたが、すべてが変わっても唯一変わらずに残りました。

この長く続いた強固な家制度の慣習を崩すのが、平成時代にインターネットと共に出現した「コストパフォーマンス」というIT世代の新しい価値観です。
新しい価値観の波はまず、しきたりや世間体などを気にしない「家族葬」や「一日葬」という葬儀に顕著に現れ、今まさにお墓にも押し寄せています。
江戸時代から長く続いたお寺の石のお墓は戦後、公営霊園や納骨堂へと形を変え、最近では永代供養墓や樹木葬などが主流になっています。

そして今まさに、新しいお墓の価値観はビッグウェーブとなり、手元供養のお墓や自然葬・散骨への波となってもうすぐそこまで来ています。
facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館