粉骨サービスの花水木より散骨や自然葬に於いて、よく聞かれる散骨の仕方や方法をご紹介いたします。

散骨された国内の主な有名人

散骨された国内の主な有名人

散骨された国内の主な有名人

 石原裕次郎
1987年、石原裕次郎が亡くなった時、兄の慎太郎氏が「海を愛していた弟は海に還してあげたい」と海洋散骨を計画しましたが、当時の法解釈では認められず断念。
その後、1991年に「葬送の為の祭祀で、節度をもって行われる限り違法ではない」と法務省が発表。
裕次郎さんの遺灰の一部はその後、湘南の海へ散骨されたようです。

 横山やすし
1996年、故人の遺志により愛艇を置いた宮島競艇場にて「散骨の儀」が行われ船上から遺灰の一部が散骨されました。

 梨元勝
2011年、東京湾の船上から散骨。
妻の玲子さんは「大好きな海に戻れて喜んでいると思います。私の手の上から主人が喜んで海に行ったように感じました」とその後に語っています。

 いずみたく
1992年、代表曲「見上げてごらん夜の星を」をご家族が口ずさみながら、生前にこよなく愛した湘南江ノ島沖に散骨されました。

 hide 松本秀人
遺骨は神奈川県の三浦霊園に納骨され、一部はロサンゼルス沖・サンタモニカの海へ当時のzilchのメンバーや弟の松本裕士さん等によって散骨されました。

 天本英世
2011年に著した「遺言」通り、遺灰の一部はスペイン・アンダルシア地方のグアダルキビール川に散骨されました。

 荒井注
故人の遺言によりオーストラリアのケアンズ沖の海に遺族の手で散骨されました。



更新日:2016.10.14


前の記事を見る 次の記事を見る 一覧へ
まずは資料請求を(お問い合わせもコチラから)

粉骨サービスを動画でわかりやすくご紹介
花水木「粉骨サービス」動画のご紹介
動画でわかりやすくご紹介いたします。

粉骨サービスについて こんな場面で粉骨サービス

粉骨サービスをご利用されたお客様の声

心に響く
コラム&エッセイ

現代のお墓と納骨供養を徹底考察

法律や行政に関する
情報コーナー

散骨や墓じまいと納骨に関する公的情報

粉骨サービス・手元供養
「花水木」

有限会社 博善社
〒802-0065 福岡県北九州市
小倉北区三萩野1-1-21
フリーダイヤル 0120-594-873
TEL:093-922-5123
FAX:093-951-3090
営業:月~土/10時~18時(日祝休み)
店舗案内はコチラ
花水木の粉骨に関するコンテンツ 花水木の会社概要

関連サイト

手元供養専門店の花水木
全骨の粉骨サービス付き手元供養品
マイメモリーセット 45,000円(税別)

北九州の葬儀は博善社の斎場にお任せください
北九州の葬儀は博善社の斎場にお任せください