粉骨サービスの花水木より散骨や自然葬に於いて、よく聞かれる散骨の仕方や方法をご紹介いたします。

お役立ち情報室

散骨編その8

散骨された国内の主な有名人

ジャンル:散骨>情報室/最終更新日:2018.09.26


散骨された国内の主な有名人 沖縄の海岸

散骨された国内の主な有名人

 石原裕次郎
1987年、石原裕次郎が亡くなった時、兄の慎太郎氏が「海を愛していた弟は海に還してあげたい」と海洋散骨を計画しましたが、当時の法解釈では認められず断念。
その後、1991年に「葬送の為の祭祀で、節度をもって行われる限り違法ではない」と法務省が発表。
裕次郎さんの遺灰の一部はその後、湘南の海へ散骨されたようです。

 横山やすし
1996年、故人の遺志により愛艇を置いた宮島競艇場にて「散骨の儀」が行われ船上から遺灰の一部が散骨されました。

 梨元勝
2011年、東京湾の船上から散骨。
妻の玲子さんは「大好きな海に戻れて喜んでいると思います。私の手の上から主人が喜んで海に行ったように感じました」とその後に語っています。

 いずみたく
1992年、代表曲「見上げてごらん夜の星を」をご家族が口ずさみながら、生前にこよなく愛した湘南江ノ島沖に散骨されました。

 hide 松本秀人
遺骨は神奈川県の三浦霊園に納骨され、一部はロサンゼルス沖・サンタモニカの海へ当時のzilchのメンバーや弟の松本裕士さん等によって散骨されました。

 天本英世
2011年に著した「遺言」通り、遺灰の一部はスペイン・アンダルシア地方のグアダルキビール川に散骨されました。

 荒井注
故人の遺言によりオーストラリアのケアンズ沖の海に遺族の手で散骨されました。
facebookシェアボタン lineシェアボタン

おすすめの関連記事

こんな記事も読まれています

お問い合わせ・資料請求

フリーダイヤル:0120-594-873 メールフォームはこちら

花水木のご提供サービス

こんな場合にご利用ください

ご利用されたお客様のご感想

お客様のご感想一覧

花水木が選ばれている理由

よくある質問 Q&A

Q&A 一覧
法律や行政にかんする情報コーナー

風習や法律などの
お役立ち情報室

お役立ちコーナー 法律や行政にかんする情報コーナー

心に響く
コラム&エッセイ

インフォメーション

360度画像で見る花水木店舗360度カメラで見る花水木の店内 動画で見る花水木の粉骨サービス 動画で見る花水木の粉骨サービス

姉妹サイト

マイメモリー自宅墓マイメモリー 花花会館家族葬の花花会館