粉骨サービスの花水木より、墓じまいの方法の実例や改葬の手続きについて詳しくご紹介します。

墓じまい(改葬)の今と昔

墓じまい(改葬)の今と昔

従来の墓じまい(改葬)とは、古いお墓から新しいお墓へのご遺骨の移転がほとんどで墓じまいにかかる費用は新しいお墓の購入費や古いお墓の撤去費・閉眼・開眼法要などの供養碑や謝礼(お布施)などで、約200万〜400万円もの費用がかかっていました。

ところが家制度(家督制度)が崩壊し、無縁墓・無縁仏など社会問題にまで発展したり核家族化が進み大都市への人口集中が加速する現代では従来の方法ではなく様々な方法を選択される方が急増しています。

最近の墓じまい方法の実例

  1. お墓 → 新しいお墓 ・・・ほとんど無くなりつつあります
  2. お墓 → 寺院や霊園の納骨堂 ・・・屋内の限られたスペースを選ばれる方
  3. お墓 → 合同墓(永代供養簿) ・・・後の管理が安心だから選ばれる方
  4. お墓 → 樹木葬 ・・・自然回帰の発想から選ばれる方
  5. お墓 → 散骨 ・・・故人の希望やお墓の心配の為選ばれる方
  6. お墓 → 自宅供養(手元供養) ・・・いつも傍で一緒にいたい方

上記の様に最近ではお墓を立てずに他の選択を選ばれる方が急増しています。
また、自分が元気な内にお墓をあえて墓じまいしておきたいと考えおられる方も増えてきています。
墓じまいをされる場合は上記の方法を色々な組み合わせで供養することが可能となります。
但し、注意しないといけないのは全てのご遺骨を散骨や合同墓(永代供養墓)等で手放される(ご遺骨すべて)場合は後でもとに戻すことができないので注意が必要です。
ほんの少しでもよいのでマイメモリー等で手元に残される事をお勧め致します。

墓じまい時の改葬手続きの現状(各自治体)

公営の霊園などではきちんとご遺骨の埋葬状態が把握できる書類(埋葬証明書)がありますので手続きが行えますが管理者のいない個別の小さな霊園や墓地では埋葬証明書がない場合がございます。
その場合は、前もって各自治体等へ相談に行かれることをお勧めいたします。
また、墓じまい後に自宅へ仮安置する場合や散骨をされる場合にも改葬手続きが必要となります。
移動場所(目的)がまだ決まってない場合には「未定」として手続きを行う事も可能です。
※改葬許可証の申請方法は、各自治体により若干の違いがありますので窓口にてご確認ください。




更新日:2016.09.30


前の記事を見る 次の記事を見る 一覧へ
まずは資料請求を(お問い合わせもコチラから)

粉骨サービスを動画でわかりやすくご紹介
花水木「粉骨サービス」動画のご紹介
動画でわかりやすくご紹介いたします。

粉骨サービスについて こんな場面で粉骨サービス

粉骨サービスをご利用されたお客様の声

心に響く
コラム&エッセイ

現代のお墓と納骨供養を徹底考察

法律や行政に関する
情報コーナー

散骨や墓じまいと納骨に関する公的情報

粉骨サービス・手元供養
「花水木」

有限会社 博善社
〒802-0065 福岡県北九州市
小倉北区三萩野1-1-21
フリーダイヤル 0120-594-873
TEL:093-922-5123
FAX:093-951-3090
営業:月~土/10時~18時(日祝休み)
店舗案内はコチラ
花水木の粉骨に関するコンテンツ 花水木の会社概要

関連サイト

手元供養専門店の花水木
全骨の粉骨サービス付き手元供養品
マイメモリーセット 45,000円(税別)

北九州の葬儀は博善社の斎場にお任せください
北九州の葬儀は博善社の斎場にお任せください